FC2ブログ

~デジInfo~

家電・デジタル関連ニュースを中心にまとめるブログです。記事末の【2ちゃんねるでの反応】をクリックすると2ちゃんねるのスレッドを見れます。
    

プロダクトマネージャーに聞く 「HTML5対応は最優先」――Dreamweaverのこれから

アドビがこれまで慎重だったHTML5/CSS3への対応を加速させている。今年5月に開かれたGoogle I/Oではケビン・リンチCTOがHTML5への注力を表明。同時に、DreamweaverをHTML5/CSS3に対応させる拡張機能「HTML5 Pack for Dreamweaver CS5」をリリースした(関連記事)。

 多くのWeb制作者に支持されているHTMLオーサリングツール「Adobe Dreamweaver」は今後どのように進化してくのか。米アドビ システムズ Creative Suiteグループプロダクト マネージャのデヴィン・フェルナンデス氏、クリスチャン・ハルバッハ氏に話を聞いた。

写真左から米アドビ システムズのクリスチャン・ハルバッハ氏、デヴィン・フェルナンデス氏

HTML5 Packはマルチスクリーン対応に注力

――今年5月に「HTML5 Pack for Dreamweaver CS5」がリリースされました。タイミングとしてはCS5の発売とほぼ同時でしたが、なぜCS5の正式な機能ではなく拡張機能での対応だったのでしょうか?

フェルナンデス氏:実は、Dreamweaver CS5の開発段階でもHTML5やCSS3へ対応することを検討し ていました。ただ、当時ユーザーのみなさんにヒアリングしたところ、「どのような案件でHTML5やCSS3を使えばいいか分からない」という声が多く、 私たちもHTML5やCSS3を利用する具体的なシーンが想定できませんでした。そこで正式な機能としての実装は見送り、拡張機能として実験的に試しても らいたい、と考えたのです。

 ニーズが確定していない時点では拡張機能として提供し、その後ユーザーの反応を得ながら製品に取り込むのがベストです。実際、これまでにも拡張機能で提供した機能を製品に実装した例はいくつかあります。

――HTML5 PackではHTML5/CSS3のコードヒント表示、ライブビューのレンダリング改善などが提供されていますが、特に注力した点は?

フェルナンデス氏:今回はマルチスクリーン対応にフォーカスしています。つまり、スマートフォンやタブレットなどのさまざまなデバイスに対応したWebサイトを作るときにHTML5やCSS3を使う、という考え方です。

 具体的には、「マルチスクリーンプレビュー」という機能を用意しました。マルチスクリーンプレビューは、ス マートフォンやタブレットPC、デスクトップPCなど異なる3つのスクリーン(デバイス)のプレビューを1つのウィンドウ内に表示できる機能です。 CSS3では「Media Queries(メディアクエリー)」を使ってスクリーンサイズごとに異なるデザイン(スタイルシート)を適用できます。マルチスクリーンプレビューを活 用すると、メディアクエリーによるデザインの違いを確認しながらマルチスクリーンサイトを制作できます。

HTML5 Packの機能の1つ、「マルチスクリーンプレビュー」。CSS3のメディアクエリーを使って異なるデザインを適用し、スクリーンサイズごとの結果の違いを確認できる

――マルチスクリーンプレビューと、以前からCreative Suiteで提供されている「Device Central」はどのように使い分ければよいでしょうか?

クリスチャン氏:2つのツールには「速度」「再現性」の 点で違いがあります。動作はマルチスクリーンプレビューが速く、再現性はDevice Centralの方が高い。制作途中の簡単なチェックにはマルチスクリーンプレビューを使い、最終レビューのような包括的なテストではDevice Centralを使うのがよいでしょう。

 Device CentralにはFlash Player 10.1とWebKitが統合されています。 Flash Player 10.1はスマートフォン(Android)向けにも提供されていますし、WebKitはスマートフォン(iPhone/Android)のブラウザーの レンダリングに使われています。つまり、Device CentralではスマートフォンのあらゆるWebコンテンツがテストできるわけです。

 Device CentralはもともとFlash Liteのテストツールとしてスタートしたこともあり、現在のユーザーは主に携帯電話向けのFlashコンテンツ開発者ですが、今後の市場の変化に合わせ て、対象となるユーザーや求められる機能も変化していくだろうと考えています。

簡易的なプレビュー機能の「マルチスクリーンプレビュー」に対して、Device Centralはデバイス固有の機能や閲覧環境の違いを考慮にした本格的なエミュレータとして実機に近いテストができる

HTML5/CSS3対応機能は製品に統合、
今後はGUIベースの設定機能も

――ここ最近のCreative Suiteのバージョンアップを見ていると、アドビのWeb戦略の中心はFlashであり、新製品や新機能もFlashが中心という印象があります。Dreamweaverはどのような位置づけのツールなのか、改めて教えてください。

デヴィン氏:DreamweaverはプロのWeb制作者のためのHTMLオーサリングツールで す。当社にはIllustratorやFireworks、Photoshopなどさまざまなデザインツールがありますが、その中でHTMLの制作を担っ ているのがDreamweaverです。HTMLを1から作ることもできますし、必要に応じてFlashを組み合わせたWebページも作れます。ツールと してのこうした位置づけは当初から変わっていません。

 もっとも優れているのは「教えてくれるツール」だということでしょうか。「コードを書いてデザインビューやライブビューで確認する」「デザインビューで作ったコードを確認する」――。高いスキルがなくてもすぐにコードや結果を確認できるのがDreamweaverのよい点です。

――HTML5によってHTMLの役割がドキュメントを定義するものからWebアプリケーションのプラットフォームへと進化すると言われています。Dreamweaverの役割はどのように変わるのでしょうか?

デヴィン氏:大事なことは、私たちがターゲットにしているユーザー(プロのWeb制作者)のニーズをできる限り 多くカバーすることです。そういった意味でDreamweaverの今後の果たす役割は、私たちがいかにユーザーのニーズを理解できるかにかかっていま す。HTML5へ移行していく中で、「Webアプリケーションを作る」というシフトが実際にどれぐらいの勢いで起きるのかを見極めることになるでしょう。

 そしてどこまでをDreamweaverでカバーできるのか。具体的にはHTML5のvideo、audio、canvas、svgといった技術にはきちんとDreamweaverで対応したいと考えていますが、その先のチャレンジとして、たとえばcanvasとsvgを組み合わせ、localStorageを駆使したアプリケーションをどう作っていくか。そうしたHTML5のワークフローを理解し、制作者のニーズをくみ取ることが重要だと考えています。

――Dreamweaverの現在のユーザーはWeb制作者(デザイナーやコーダー)でも、HTML5への移行で「HTMLを書く人」の定義も変わっていくかもしれません。

デヴィン氏:Dreamweaverのターゲットユーザーを広げるかどうか、あるいはDreamweaverと は別の開発ツールを用意するのか……。そういった点も含めて現在は調査中であり、具体的なお話はできません。どんな開発スタイル、ワークフローがあるのか を調べていくことがまずは大切だと思っています。

――DreamweaverにはCSSのプロパティをGUIで設定できる機能があり、「Spry」のようにコードをほとんど書かずに使えるフレームワークもあります。HTML5やCSS3でもこうした制作者を助ける機能は考えていますか?

デヴィン氏:詳しくはお話できませんが、方向性としてはおっしゃるような機能(GUIベースの設定機能)を模索しています。HTML5やCSS3の複雑な要素をマスキングすることで、より簡単に扱えるようにするものです。

――最後に、Dreamweaverの今後のHTML5/CSS3対応の予定を教えてください。

デヴィン氏:5月の時点ではHTML5 PackをAdobe Labsでベータ版として公開していましたが、このあとはCS5の正式なアップデートとして提供します(編注:8月末に11.0.3 アップデートで提供済み)。将来のことについてはコメントしづらいのですが、HTML5/CSS3対応はDreamweaverの中で最優先の課題と位置付けています。今後のバージョンでは製品版の正式な機能にHTML5/CSS3が統合されることになるでしょう。

ソース http://ascii.jp/elem/000/000/554/554601/




[ 2010/10/02 21:30 ] Web | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

記事検索
カテゴリ
最近記事
売れ筋ランキング 一眼レフカメラ

1位: Panasonic DMC-GF1C-Wパンケーキレンズキット

2位: Sony α55 SLT-A55VY ダブルズームレンズキット

3位: Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4 18-55レンズキット

4位: Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ

5位: Sony ダブルレンズキット ブラック NEX-5D/B
売れ筋ランキング コンパクトレフカメラ
1位: キヤノン IXY 10S ピンク IXY10S(PK)

2位: ニコン COOLPIX S6000 フラッシュレッド

3位: キヤノン IXY 10S シルバー

4位: ニコン COOLPIX S6000 シャンパンシルバー

5位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z550 シルバー

6位: パナソニック LUMIX TZ10 ゴールド DMC-TZ10-N

7位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z330 ゴールド

8位: キヤノン IXY 200F シルバー IXY200F(SL)

9位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z550 ピンク

10位: ソニー Cyber-shot HX5V ブラック DSC-HX5V(N)

カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
売れ筋ランキング プラズマカメラ
1位: パナソニック VIERA TH-P42S2

2位: 日立 Wooo P42-HP05

3位: パナソニック VIERA ブルーブラック TH-P42G2-K

4位: 日立 Wooo P42-XP05

5位: パナソニック VIERA TH-P46G2

6位: パナソニック VIERA TH-P42V2

7位: パナソニック VIERA TH-P50V2

8位: パナソニック VIERA TH-P50G2

9位: 日立 Wooo P50-XP05

10位: パナソニック VIERA TH-P42R2