FC2ブログ

~デジInfo~

家電・デジタル関連ニュースを中心にまとめるブログです。記事末の【2ちゃんねるでの反応】をクリックすると2ちゃんねるのスレッドを見れます。
    

1万円台で買える「GeForce GTS 450」はお買い得か?

NVIDIAは9月13日、DirectX 11対応のミドルレンジGPU「GeForce GTS 450」を発表し た。GeForce GTS 450は、7月12日に発表されたGeForce GTX 460の下位に位置するGPUであるが、最新のFermiアーキテクチャをベースに、CUDA Core数を削減した新コアのGF106を採用した製品であり、DirectX 10対応のGeForce GTS 250の後継として位置づけられる。NVIDIAのDirectX 11対応製品は、ハイエンドから順に下りてきており、ようやく実売1万円台前半のミドルレンジ製品が登場したことになる。
DirectX 11対応のミドルレンジGPU「GeForce GTS 450」

コア数はGeForce GTX 460の約6割だが、クロックは向上

 まず、GeForce GTS 450のスペックを見てみよう。上位のGeForce GTX 460とAMDのミドルレンジGPU「Radeon HD 5750」、「Radeon HD 5770」とあわせてスペック表を作成したので、比べてみたい。なお、GeForce GTX 460は、ビデオメモリ1GB版と768MB版があり、メモリ周りの仕様(インターフェイス幅やROPユニット数)が異なるが、ここでは768MB版のス ペックを掲載した。同様に「Radeon HD 5750」もビデオメモリ1GBと512MB版があるが、ここではGeForce GTS 450との条件を揃えるために1GBのスペックを掲載している。

各ビデオカードの比較表
GPU GeForce GTS 450 GeForce GTX 460(768MB) Radeon HD 5750(1GB) Radeon HD 5770
コードネーム GF106 GF104 RV840 RV840
プロセスルール 40nm 40nm 40nm 40nm
シェーダバージョン 5.0 5.0 5.0 5.0
DirectX対応 11 11 11 11
シェーダ/ストリーミングプロセッサ数 192基 336基 720基 800基
テクスチャ
ユニット数
32基 56基 36基 40基
ROPユニット数 16基 24基 16基 16基
コアクロック 783MHz 675MHz 700MHz 850MHz
シェーダクロック 1566MHz 1350MHz 700MHz 850MHz
メモリクロック 3608MHz相当 3600MHz相当 4.6GHz相当 4.8GHz相当
メモリ種別 GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリインターフェイス 128bit 192bit 128bit 128bit
メモリ容量 1GB 768MB 1GB 1GB
PCI Expressタイプ 2.0 2.0 2.0 2.0
PCIe電源タイプ 6ピン 6ピン+6ピン 6ピン 6ピン
消費電力 106W 150W 86W 108W
実売価格 1万4000円前後 2万1000円前後 1万4000円前後 1万8000円前後

 GeForce GTS 450のスペックを上位のGeForce GTX 460を比較すると、CUDA Coreの数が336基から192基へ、テクスチャユニットの数が56基から32基へ、ROPユニット数が24基から16基へと減っている。コアやユニッ トの数は約6割に削減されている計算だ。その代わり、コアクロックやシェーダ(CUDA Core)クロックは16%向上している。消費電力も150Wから106Wへと大きく減っており、必要なPCI Express電源端子もPCI Express 6ピン電源端子×2からPCI Express 6ピン電源端子×1に変更されており、容量の小さな電源ユニットでも利用できるようになった。

カード長は約21cmと短い

 今回は、NVIDIAのリファレンスカードを利用したが、カードの長さは約21cmと短めなので、奥行きの短いケースでも問題なく装着できるだろ う。ただし、2スロット占有タイプなので、すぐ隣のPCI Expressスロットは利用できなくなる。出力端子はDVI-Iを2系統と、Mini HDMIを備えているが、同時に出力できるのはそのうち2系統までとなる。もちろん、SLI構成にも対応する。前述したように、追加電源端子は、PCI Express 6ピン電源端子が一つのみとなっている。

GeForce GTS 450リファレンスカードの長さは、約21cmと短めである出力端子として、DVI-I×2とMini HDMIを搭載するが、同時に出力できるのは2系統まで
GPU-Zで、GeForce GTS 450の情報を表示させてみたところ。リファレンスカードなので、定格通りのクロックになっている

テスト環境

 それでは、いよいよパフォーマンスを検証していきたい。テスト環境は以下に示した通りで、比較用として上位のGeForce GTX 460搭載ビデオカードと、同じミドルレンジGPUとして人気の高いRadeon HD 5770搭載ビデオカード(価格的には下位のRadeon HD 5750とちょうど同程度になるが)を用意した。グラフィックドライバについては、GeForce系はレビュー用に配布されたGeForce Driver 260.52を、Radeon HD 5770については最新のCatalyst 10.9を利用した。

テスト環境
CPU Intel「Core i7-860」(2.8GHz)
マザーボード EVGA「EVGA P55 Classified 200」(P55)
メモリー DDR3-1333 2GB×2
ビデオカード GeForce GTX 460(768MB)
GeForce GTS 450(1GB)
Radeon HD 5770(1GB)
HDD Western Digital「WD10EADS」(1TB)
電源 Thermaltake「Toughpower QFan 650W」(650W)
OS Windows 7 Ultimate(64bit)
フラフィックドライバ GeForce Driver 260.52
Catalyst 10.9

Radeon HD 5770に迫る性能を実現

3DMark Vantage

 グラフ1は、「3DMark Vantage」の総合スコアである。3DMark Vantageは、DirectX 10世代のベンチマークテストだが、かなりGPU負荷の高いテストだ。GeForce GTS 450のスコアは、GeForce GTX 460の約7割となっており、ほぼ理論通りのパフォーマンスが出ているといえる。Radeon HD 5770との比較では、ほぼ互角のスコアになっているが、3DMark Vantageには、旧AGEIAが開発した物理演算ライブラリ「PhysX」を利用するテストが含まれている。旧AGEIAは、NVIDIAに買収され たため、GeForce 8シリーズ以降の製品では、PhysXをGPUで高速に処理するためのPhysXドライバが提供されているのに対し、Radeon系GPUではPhysX ドライバドライバが用意されていないため、3DMark Vantageのスコアは低くなりがちである。

【グラフ1】3DMark Vantage (単位:score) better→

 次に、3DMark Vantageの個別テストであるFeature Testの結果を見てみよう。以下の結果は、すべて「Performance」設定時のものである。 Feature Test1(グラフ2)は、Texture Fillテストで、テクスチャ転送時のフィルレートを計測するテストだ。GeForce GTS 450のスコアは、GeForce GTX 460の66%ほどのスコアとなっており、Radeon HD 5770にもかなり差をつけられている。

【グラフ2】FeatureTest1:Texture Fill(単位:GigaTEXELS/s)better→

 Feature Test2(グラフ3)は、Color Fillテストで、色を変えながらピクセルを塗りつぶしていき、そのパフォーマンスを計測するテストだ。こちらは、Feature Test1よりも、GeForce GTX 460との差が縮まっており、GeForce GTX 460の75%ほどのスコアとなっている。

【グラフ3】FeatureTest2:Color Fill(単位:GigaTEXELS/s)better→

 Feature Test3(グラフ4)は、バンプマッピングをさらに進化させた複雑な凹凸の表現が可能なParallax Occlusion Mappingと呼ばれるマッピングをおこなうテストであり、ピクセルシェーダの演算性能が効いてくる。このテストは、Radeon系が得意なようで、 Radeon HD 5770がGeForce GTX 460を上回るスコアを出している。

【グラフ4】FeatureTest3:Parallax Occlusion Mappoing(単位:fps)better→

 Feature Test4(グラフ5)は、GPU Clothと呼ばれるテストで、布(旗)が風にはためく様子の物理シミュレーションをおこなわせるものだ。主に、バーテックスシェーダの性能を見ることが できる。こちらは、GeForce系が優秀で、GeForce GTS 450がRadeon HD 5770とほぼ同じ結果となっている。

【グラフ5】FeatureTest4:GPU Cloth(単位:fps)better→

 Feature Test5(グラフ6)は、GPU Particlesと呼ばれるテストで、数十万個もの微粒子(パーティクル)を風に乗せて流し、透明な物体の凹凸の様子を可視化するものだ。このテストで は、バーテックスシェーダとジオメトリシェーダのパフォーマンスが効いてくる。このテストも、GeForce系が優秀であり、GeForce GTS 450はRadeon HD 5770よりも12%ほど高いスコアを出している。

【グラフ6】FeatureTest5:GPU Particles(単位:fps)better→

 Feature Test6(グラフ7)は、Perlin Noiseテストと呼ばれるもので、3つの異なる周波数から演算によって生成されるノイズをRGBの各色に割り当てて表示するものだ。ピクセルシェーダの 演算性能によって結果が左右されるのだが、このテストでは、Radeon HD 5770が非常に優秀であり、GeForce GTS 450の2倍以上のスコアを叩き出している。

【グラフ7】FeatureTest6:Perlin Noise(単位:fps)better→

ロストプラネット2

 今度は、実際のゲームソフトでのパフォーマンスを見ていこう。まずは、DirectX 11に対応した最新ゲームソフト「ロストプラネット2」ベンチマークだ。ロストプラネット2は、すでにPlayStation 3/Xbox 360向けに発売されているが、10月14日にPC向けがリリースされる予定だ。ゲーム本編に先立って、ベンチマークソフトが公開されており、今回はこれ を利用した。ロストプラネット2のベンチマークソフトでは、DX9モードとDX11モードが用意されており、それぞれテストタイプA、テストタイプBとい う2種類のテストを選択できる。DX11モードでは、テッセレーションなどのDirectX 11の新機能を利用して描画をおこなうが、当然DirectX 11対応GPUでしか動作しない。ここでは、DX11モードのテストタイプB(ビデオカードの性能比較にはこちらが向いている)で、パフォーマンスを比較 した。

【グラフ8】LOST PLANET 2(TestType B/単位:fps)better→

 結果は、グラフ8に示したとおりで、当然ながら上位のGeForce GTX 460には及ばないが、価格がやや上のRadeon HD 5770と比べるとほとんどの遜色のないフレームレートとなっている。ただし、ロストプラネット2は、最新ゲームだけあり、かなり負荷が高いため、デフォ ルト設定では、1280×720ドットでも快適に遊ぶにはやや厳しい。グラフィック設定で、描画クオリティを下げればより快適に遊べるだろう。

ラストレムナント

 次は、人気の国産RPG「ラストレムナント」のベンチマーク結果だ。ラストレムナントは、DirectX 9ベースのソフトである。結果は、グラフ9に示したとおりだ。こちらも、GeForce GTS 450が、Radeon HD 5770にかなり肉薄する結果となっている。

【グラフ9】THE LAST REMNANT(単位:fps)better→

Mafia II

 最後は、マフィアの生き様を描くアクションゲーム「Mafia II」のベンチマーク結果だ。こちらもDirect X9ベースのソフトだ。結果は、グラフ10に示したとおりだが、ラストレムナントの場合とは異なり、GeForce GTS 450のフレームレートとRadeon HD 5770のフレームレートにはかなり差がある。高解像度時はやや差が縮まっているものの、やはりRadeon HD 5770が有利だ。

【グラフ10】Mafia II (単位:fps) better→

アイドル時、高負荷時とも消費電力は低め

消費電力

 次に、ワットチェッカーを利用して、システム全体の消費電力を計測した。OS起動後10分放置した状態を「アイドル時」、ラストレムナントベンチマーク実行中を「高負荷時」とし、アイドル時の消費電力と高負荷時のピーク消費電力を計測した。  結果は、グラフ11に示したとおりで、GeForce GTS 450は、アイドル時、高負荷時ともに消費電力が最も低い。ファンの騒音も比較的静かであった。

【グラフ11】消費電力(単位:W)←better

GPU温度

 最後に、GPU-Zを利用して、GPU温度を計測した。アイドル時と高負荷時の条件は、消費電力計測時と同じだ。結果は、グラフ12に示したとお りである。計測時の室温は約28℃だ。アイドル時、高負荷時とも一番温度が低かったのはGeForce GTX 460だが、GeForce GTS 450もなかなか優秀である。それに対し、Radeon HD 5770は、アイドル時の温度がやや高めであった。

【グラフ12】GPU温度(単位:℃) ←better

低価格でゲームもできるPCを作りたい人にオススメ

 GeForce GTS 450は、ミドルレンジGPUの中でもやや下位に位置する製品であり、実売価格は1万4000円前後となっている。Radeon HD 5770に比べるとややベンチマークスコアは低いが、価格も4000円程度安いので、コストパフォーマンスは悪くない。また、今回はテストしていないが、 オーバークロック耐性も比較的高いとされており、オーバークロックモデルも各社から登場している。予算に余裕があるのなら、上位のGeForce GTX 460をオススメするが、できるだけ低価格でゲームもできるPCを作りたいというのなら、GeForce GTS 450は有力な選択肢となるだろう。フルHD解像度では厳しいが、1280×720ドット程度なら、描画設定を調整すれば、最新ゲームも十分遊べる。ま た、GeForceシリーズには、アクティブシャッター方式の3D表示システム「NVIDIA 3D Vision」にも対応できるというメリットもある。NVIDIA 3D Visionによる、3D立体視のゲームプレイやBlu-ray 3Dなどの3Dタイトルを楽しみたいという人にもオススメだ。

1280×720ドット程度なら、描画設定を調整すれば、最新ゲームも十分遊べる。低価格でNVIDIA 3D Visionによる、3D立体視のゲームプレイやBlu-ray 3Dなどの3Dタイトルを楽しみたいという人にもオススメだ

【関連サイト】

ソース: http://ascii.jp/elem/000/000/555/555817/index-3.html





[ 2010/09/29 21:22 ] PC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

記事検索
カテゴリ
最近記事
売れ筋ランキング 一眼レフカメラ

1位: Panasonic DMC-GF1C-Wパンケーキレンズキット

2位: Sony α55 SLT-A55VY ダブルズームレンズキット

3位: Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4 18-55レンズキット

4位: Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ

5位: Sony ダブルレンズキット ブラック NEX-5D/B
売れ筋ランキング コンパクトレフカメラ
1位: キヤノン IXY 10S ピンク IXY10S(PK)

2位: ニコン COOLPIX S6000 フラッシュレッド

3位: キヤノン IXY 10S シルバー

4位: ニコン COOLPIX S6000 シャンパンシルバー

5位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z550 シルバー

6位: パナソニック LUMIX TZ10 ゴールド DMC-TZ10-N

7位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z330 ゴールド

8位: キヤノン IXY 200F シルバー IXY200F(SL)

9位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z550 ピンク

10位: ソニー Cyber-shot HX5V ブラック DSC-HX5V(N)

カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
売れ筋ランキング プラズマカメラ
1位: パナソニック VIERA TH-P42S2

2位: 日立 Wooo P42-HP05

3位: パナソニック VIERA ブルーブラック TH-P42G2-K

4位: 日立 Wooo P42-XP05

5位: パナソニック VIERA TH-P46G2

6位: パナソニック VIERA TH-P42V2

7位: パナソニック VIERA TH-P50V2

8位: パナソニック VIERA TH-P50G2

9位: 日立 Wooo P50-XP05

10位: パナソニック VIERA TH-P42R2