FC2ブログ

~デジInfo~

家電・デジタル関連ニュースを中心にまとめるブログです。記事末の【2ちゃんねるでの反応】をクリックすると2ちゃんねるのスレッドを見れます。
    

【ブラウザ】 Android向けモバイルFirefox 4がβ公開

Mozillaは10月7日、モバイル版Firefox 4をβ公開した。AndroidとMaemoで利用できる。

 このバージョンは、デスクトップ向けFirefoxと同じプラットフォームを携帯電話向けに最適化したもの。ブックマークや履歴を同期化できる「Firefox Sync」やアドオンなどデスクトップ版の機能も多数使える。

 ブラウザインタフェースをWebコンテンツレンダリングと別のプロセスで実行できるようにして性能を向上させる「Electrolysis」や、 スクロール、ズーム、アニメーション、動画などのグラフィックス関連のパフォーマンスを改善する「Layers」も搭載。マルチタッチ操作にも対応する。

 モバイル版Firefox 4βはMozillaのサイトから無料でダウンロードできる。

ソース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1010/08/news058.html




スポンサーサイト



[ 2010/10/10 03:22 ] ブラウザ | TB(0) | CM(0)

【ブラウザ】 IEのシェアが6割切る IE9β登場でも減少止まらず

Microsoftは9月にInternet Explorer(IE)9のβ版をリリースしたが、シェア減少を食い止める効果はなかったようだ。

 分析会社Net Applicationsによると、9月のIEの市場シェアは59.65%と、前月の60.40%から減少した。6~7月にかけてはシェアが回復傾向に あったが、その後は再び減少に転じている。一方、競合ブラウザは小幅ながらシェアを伸ばしており、Firefoxは22.93%から22.96%、 Chromeは7.52%から7.98%に増えている。

 バージョン別では、IE8が順調にシェアを伸ばし、29%に達した。Firefox 3.6は17.05%でバージョン別では2位、IE6とIE7がそれに続く。両ブラウザともシェアが減り続けており、それぞれ15.55%と10.39% となっている。9月15日にβ公開されたIE9はシェア0.1%にとどまっている。

ソース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101004-00000041-zdn_n-inet



[ 2010/10/04 20:56 ] ブラウザ | TB(0) | CM(0)

Firefoxの超便利アドオンで快適ブラウジング 後編

RSSも2ちゃんもTwitterも、情報収集はFirefox1本で

2ch Browser Userscript

 本腰を入れて「2ちゃんねる」を見るときは専用ブラウザーを使えばいいが、情報収集の一環で2ちゃんねるのページがヒットすることもある。そうし たとき通常のウェブブラウザーでは、レスをたどったり、画像をチェックするのに手間がかかるが、時々有益な情報やヒントが見つかるので無視できない。

 そこでGreasemonkeyスクリプトの「2ch Browser Userscript」を入れておけば、レスがポップアップしたり、画像リンクにサムネイルが表示されるなど、簡易的な専用ブラウザーのように利用できる。動作はややもっさりするが、長時間見るわけではないので、問題なし。

2ch Browser Userscript「2ch Browser Userscript」。レスをポップアップできるので話題がすぐにわかる。多重ポップアップも可能

Brief

 RSSを読むなら、「Brief」が便利。URLの右側に表示されるアイコンをクリックするだけで、簡単にRSSを購読できる。動作が速く、大量の記事をさっくり読みたい人向けだ。

 ただし、記事をインラインで表示させようとすると、うまくいかないことがある。さらに筆者は同時に10ページくらいは開くので、設定で「項目を新しいタブで開く」にチェックして、新規タブに表示させるようにしている。

ライブブックマークのフォルダーを選択Brief
RSSはライブブックマークのフォルダーを選択して登録する「Brief」。RSSで大量の記事を読みあさる

Google Reader Watcher

 iPhoneやiPadなど、他のデバイスと連携するために「Google Reader」を使っているなら、「Google Reader Watcher」も併用しよう。一定時間ごとに新着をチェックして、ポップアップで知らせてくれる。ステータスバーのアイコンを1クリックするだけで、Google Readerの画面を開けるのも便利。

Google Reader Watcher
「Google Reader Watcher」。新着をポップアップで知らせてくれる

Echofon for Twitter

 Twitterも重要な情報ソースとなる。Twitterの専用クライアントは高機能なものが多い。だが、タイムラインをざっと見るだけだったり気軽につぶやくなら、Firefoxのアドオン「Echofon for Twitter」で十分だ。ステータスバーにアイコンが表示され、クリックすると小さなウインドウが表示されて、内容をチェックできる。もちろん、ここからツイートすることも可能だ。

Echofon for Twitter「Echofon for Twitter」。Echofonのアイコンをクリックすると画面の下に小窓が開く

Instapaper

 自宅やオフィスのパソコンで見つけたウェブサイトを、iPhoneやiPadを使って外出先でチェックしたいこともある。ブックマークして同期したり、ソーシャルブックマークに登録すればいいのだが、地下などの圏外では閲覧できない。そんな時に便利なのが「Instapaper」だ。ウェブサイトを保存できるクラウドサービスで、Firefoxでも使えるブックマークレットやiPhoneやiPad用のアプリも公開している。

 使い方は簡単。まず、ウェブサイトにアクセスしてアカウントを取得する。ログインしたら、右ペインの中程にある「Read Later」というボタンを、ブックマークバーにドラッグアンドドロップして登録すれば準備完了だ。Firefoxでウェブを閲覧していて、後で読みたい ページを見つけたら、ブックマークレットをクリックするだけ。「Saved!」と表示されたら完了だ。

Instapaper「Instapaper」を使うには、まずブックマークレットを登録する

 ほかのパソコンやiPhone、iPadなどからInstapaperにアクセスすると、保存したウェブページを閲覧できる。筆者はiPadなど で読み終わったら、気軽に削除するようにしている。もう一度読みたいなら残しておき、頻繁に利用するようならブックマークに追加すればいい。

 また、仕事の途中で取材などに出かける際には、そのときに開いている数十のウェブページをInstapaperに保存しておき、電車の中などで目 を通すようにしている。そうしておくと帰宅してからの作業がスムーズだし、出先の隙間時間に原稿を書くことも可能だ。iPhoneとiPadのユニバーサ ルアプリは600円するが、情報収集には欠かせない神アプリだ。

電波が届かないところやWiFi版iPadでもウェブを閲覧できる
オフィスや自宅で、iPadにデータをダウンロードしておけば、電波が届かないところやWiFi版iPadでもウェブを閲覧できる

ライターの仕事に便利なアドオンを活用

Screengrab

 ウェブページのキャプチャーは、通常は横長画面でいい。しかしSNSの機能解説などでは、全画面を掲載する必要がある。通常はいくつかの画面に分けてキャプチャーし、フォトレタッチソフトで合成することになる。そんな手間を省いてくれるのが「Screengrab」だ。

 キャプチャーしたいウェブページ上で右クリックメニューから、「Screengrab!」→「Save」→「Complete Page/Frame」をクリックすると、画像の保存画面が開く。保存できるのはJPGとPNGのみなのはやや残念だ。筆者の仕事では、画質の劣化がなく 汎用的なBMPやTIFF形式でキャプチャーしているからだ。とはいえ、今ではPNG形式でもほぼ問題はない。ウェブに掲載される記事なら、そもそも JPEGでキャプチャーしてもいい。

「Complete Page/Frame」(赤枠内)で保存するこんな縦長の画面キャプチャーが一瞬で取れる
「Screengrab」。「Complete Page/Frame」(赤枠内)で保存するこんな縦長の画面キャプチャーが一瞬で取れる

SBMカウンタ

 ウェブに掲載された自分の記事がどれくらいソーシャルブックマークされているのかは気になるところ。「はてなブックマーク」や「Delicious」、「livedoorクリップ」などにアクセスして検索すればわかることだが、「SBMカウンタ」を使うと、その手間が省ける。

SBMカウンタ「SBMカウンタ」(赤枠部)。ウェブページの注目度がステータスバーで一目瞭然
ステータスバーの拡大
ステータスバーの拡大

 SBMカウンタは、表示しているウェブページがソーシャルブックマークに登録されている件数をステータスバーに表示してくれるのだ。クリックすれば、そのページに関するコメントを参照できる。

クリックすると、はてブなどのコメント欄が開くクリックすると、はてブなどのコメント欄が開く

Firefoxをディープに使い倒すためのアドオン

Menu Editor

 アドオンをたくさん入れていると、右クリックメニューに余計な項目が増えてくる。すべての機能を右クリックから使うこともないだろう。そこで、「Menu Editor」で整理しよう。

Menu Editor「Menu Editor」。不要な項目をクリックして「×」にする

 右クリックメニューはもちろん、「表示」「ツール」などのメニューの項目もカスタマイズできる。表示する順番を変更したり、区切りを追加するなど、細かい調整も可能だ。

元の状態右が外した状態
右クリックメニューから使わない項目を外せる。左が元の状態で、右が外した状態

Xmarks Bookmark Sync

 Firefoxのブックマークは、iPhoneやiPadのSafariとは同期できない。そこで、一度Internet ExplorerとFirefoxを同期させ、それからSafariと同期させることになる。そのときに便利なのが、「Xmarks Bookmark Sync」だ。FirefoxとInternet Explorer、SafariやChromeとブックマークを同期できるアドオンで、無料で利用できる。

Xmarks「Xmarks」を使って、FirefoxとIEのブックマークを同期させる

 まずはアカウントを作成し、Firefoxにインストールする。続けて、IE側にもインストールして同期する。IEを介せば iPhone/iPadとの同期も可能だ。iPhone側やFirefox側でブックマークを追加したり削除した場合は、IEを起動して同期を仲介する必 要がある。


View Passwords

 筆者は仕事上いろいろな記事で、さまざまなウェブサービスを登録している。時にはアカウント情報を記録しておかないことがあり、パスワードがわからなくなる。メールアドレスを入力したりして再設定してもいいのだが、ウェブブラウザーが記憶している場合は「View Passwords」というブックマークレットを使っている。

View Passwords「View Passwords」。ドラッグ&ドロップして、ブックマークレットとして登録する

 ウェブサイトからView Passwordsをブックマークに登録し、パスワードが「****」で表示されているサイトを表示したら、ブックマークレットを実行するだけ。別ウインドウにパスワードが表示されるので、メモすればいい。

パスワードが見えるようになったパスワードが見えるようになった

複数のパソコンで
まったく同じ環境のFirefoxを利用する

FEBE

 アドオンにこだわるようになると、所有しているパソコンすべてのFirefoxを、同じ環境にしたくなる。そんな時は、バックアップアドオンの「FEBE」を利用しよう。FEBEはFirefoxの設定や履歴、フォームに入力した情報、アドオンそのものまで、プロファイルごとバックアップ/インポートできる。もちろん、ほかのパソコンに環境をコピーすることも可能だ。

FEBE
「FEBE」。バックアップする項目やスケジュールなどは細かく設定できる

Firefox Portable

 「自分のパソコンを使えない状況でも、外出先のパソコンなどでいつものFirefoxを使いたい」というなら、「Firefox Portable Edition」が利用できる。USBメモリーなどに本体を入れておくだけでいい。アドオンやブックマークなどもUSBメモリーに含まれるので手軽だ。キャッシュや履歴を利用しないでいいなら、常用してしまってもいい。

番外編 DropboxでFirefoxを同期させる裏技

 動作保証ができないので、おすすめできるほどではないが、筆者はFirefoxのプロファイルそのものを、ファイル保存クラウドサービスの「Dropbox」で同期している。

 この技を使えば、バックアップやインポート、USBメモリーの持ち運びなどの手間が省け、複数のパソコンで同じ環境のFirefoxが利用できる のだ。FirefoxのプロファイルフォルダーをDropboxフォルダ内に移動すればいいのだが、その設定は面倒だ。そこで「ジャンクション」を張っ て、Firefoxの設定はそのままで運用する方法を紹介しよう。

 まずは、「リンクシェル拡張」というソフトをインストールする。続いて、以下のフォルダーにあるプロファイルをDropboxフォルダーにコピーする。「FirefoxProfiles」のようなフォルダーを作り、その中に入れるといいだろう。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles

 続けて、そのプロファイルフォルダーを元の場所に右ドラッグ&ドロップしてリンクを作成すれば完了。「リンクを作る」をクリックすれば、ジャンクションが自動で作成される。しばらく待てば、プロファイルがDropboxのサーバーにアップロードされる。

Dropboxにプロファイルフォルダーを移動するDropboxのフォルダー(赤枠内)に、プロファイルフォルダーを移動する

 同期したい別のパソコンでも、Dropboxと「リンクシェル拡張」をインストールする。次に、そのパソコンのプロファイルフォルダー(上の例と 同じ)を開き、Dropbox内のプロファイルフォルダーのジャンクションを作成する。最後に、ジャンクションの名前を、元のプロファイルフォルダーの名 前に変更すれば完了だ。これで、1台のパソコンにアドオンを入れると、ほかのパソコンにも自動的に同期されるようになる。

元のフォルダーにジャンクションを設定すると、Firefoxはそれまでと変わらず利用できる元のフォルダーにジャンクションを設定すると、Firefoxはそれまでと変わらず利用できる

 Firefoxのアドオンを使えば、本体ではできないさまざまなことが可能になる。前編・後編で紹介したもの以外にも、数千のアドオンが公開されている。操作や機能に不満を持っているなら探してみよう。きっと目的を実現できるアドオンが見つかるはずだ。

ソース http://ascii.jp/elem/000/000/557/557457/





[ 2010/09/28 23:09 ] ブラウザ | TB(0) | CM(0)

Firefoxの超便利アドオンで快適ブラウジング 前編

 ウェブを閲覧するブラウザーには何を使っているだろうか? ベンチマークテストでは「Google Chrome」が高速だったり、「Opera」の完成度が高かったりする。「Internet Explorer 8」はなかなか高性能だし、現在β版が公開中の「Internet Explorer 9」は、ブラッシュアップされて使いやすくなった(関連記事)。しかし、それでも筆者のメインブラウザーは「Firefox」だ。

 Firefoxは標準のままでも高機能だが、驚きの便利機能やかゆいところに手が届くようなカスタマイズまで、数え切れないほどの拡張機能が公開 されている。ほとんどは無料で利用できるが、海外製の機能も多く、Firefox初心者では何を入れていいのかわからないこともある。そこで、今回は Firefoxのおすすめ拡張機能を紹介しよう。


かゆいところに手が届く
豊富な拡張機能が魅力のFirefox

 FirefoxはMozillaによるオープンソースソフトで、バージョン1が2002年に公開された老舗のウェブブラウザーだ。HTMLの表示 には「Gecko」エンジンを採用しており、起動や表示が高速。最新バージョンは3.6.10で(本稿執筆時点)、すでにバージョン4のベータ版も公開さ れている。もちろん日本語にも対応する。

 一番の特徴は、機能を拡張するアドオンやプラグインなどが多数公開されている点だ。拡張機能と言っても、いくつか種類があるので、違いを理解して おきたい。まず「アドオン」は、Firefoxで便利な操作をできるようにしたり、表示をカスタマイズするような小さなプログラムのこと。一番種類の多い のが、このアドオンだ。「プラグイン」はAdobe FlashやAdobe Reader、Apple QuickTime、Microsoft Silverlight、Windows Media Playerなど、動画やリッチコンテンツを表示するためのプログラムが主に使われている。どちらもウェブサイト上から簡単にインストールできる。

アドオンのインストールプラグインのインストール
アドオンは、Mozillaのウェブサイトなどで「Firefoxへ追加」をクリックしてインストールする(左)。プラグインはAdobeやAppleなど制作者のウェブサイトからダウンロードする

 「Greasemonkey」というアドオンもチェックしておきたい。このアドオンは、専用のスクリプトを表示中のウェブページに適用することで、さまざまな機能を実現する。Greasemonkeyをインストールした上で、欲しい機能のユーザースクリプトをさらにインストールする必要がある。

「Greasemonkey」をインストールした状態で、ユーザースクリプトをインストールする「Greasemonkey」をインストールした状態で、ユーザースクリプトをインストールする

 Firefoxに限ったものではないが、便利なので「ブックマークレット」も活用したい。まずは、JavaScriptで書かれたプログラムを ブックマークに登録しておく。ウェブページを表示した状態でブックマークレットをクリックすると、ウェブページを保存したり、検索するといった機能を呼び 出すことができる。

ウェブページを保存する「Instapaper」のブックマークレット画面はウェブページを保存する「Instapaper」のブックマークレットを使用中の様子。ブックマークツールバーに入れておくと、ワンアクションで利用できるので便利

 ただし、アドオンをたくさんインストールすると、起動時間やウェブページの表示時間が少しずつ遅くなる。何も考えずに大量にインストールするようなことをせず、頻繁に利用する機能だけを選び、Firefoxの高速表示をスポイルしないようにしたい。

大量のウェブサイトを開いてパラレルに情報を探す

Tab Mix Plus

Tab Mix Plus
「Tab Mix Plus」を使うと、多数のタブを多段表示して切り替えられる

 筆者は忙しくなると、10~20個のウェブページを同時に開き、タブを切り替えまくる閲覧スタイルをとっている。しかし、標準状態のまま使ってい ると、多数のタブを開いたときに、すべてのタブが一覧できなければ切り替えに手間がかかるので、多段表示にしたくなる。またリンクから新しいタブを表示す る際は、表示中のタブの右ではなく、タブ全体の一番右側に開きたい。さらに検索バーで検索した結果は、新しいタブに表示したい。こうしたタブに関するさま ざまな要望に応えてくれるのが、「Tab Mix Plus」だ。このアドオンだけで、タブの機能を大幅に拡張できる。

 筆者はタブの幅を短めにしたうえ、多段表示にしている。タブのコンテキストメニューには「左側のタブをすべて閉じる」「閉じたタブを元に戻す」を 追加している。閲覧済みのサイトをまとめて閉じたり、誤って閉じてしまったページを再表示できる。特定のページだけ残して、不要なページを閉じるなら「他 のタブをすべて閉じる」を使えばいい。

タブの挙動を細かく設定できる
タブの挙動を細かく設定できる

Close Multiple Tabs

 多数のタブの中から、いくつかのタブを残して他のタブを閉じるなら「Close Multiple Tabs」も入れておく。[Ctrl]+[Q]キーを押すとタブの一覧が開くので、残しておきたいページのチェックを外そう。いくつかの起点となるサイトから、枝分かれして多数のウェブページを開いてしまったときなどに便利だ。

Close Multiple Tabs複数のタブを残して、それ以外を一気に閉じるのに便利な「Close Multiple Tabs」

AutoPagerize for Greasemonkey

 また筆者は、検索サイトの検索結果から連続してリンクを開くことが多いので、なるべくたくさんの結果を表示したい。Googleでは設定を変更して、1度に100件の結果を表示するようにはしているのだが、足りない場合は「次へ」をクリックすることになる。そこで「AutoPagerize for Greasemonkey」を入れると、スクロールするだけで検索結果ページを次々とつなげて表示できる。この操作感に慣れると、10件しか表示されずに「次へ」が表示する環境は煩わしく感じてしまう。

AutoPagerize for Greasemonkey「AutoPagerize for Greasemonkey」を入れると、スクロールするだけで、複数ページにまたがる検索結果を続けて表示できる

 Googleだけでなく、Flickrやニコニコ動画など多数のサイトに対応しているので、是非入れておきたいアドオンだ。深い検索結果にも手軽にアクセスできるようになるので、バリエーションに富んだ情報を得られるのだ。

FireGestures

 通常、「戻る」や「進む」、「更新」「タブを閉じる」といった操作は、メニューやツールボタン、ショートカットキーで行なう。マウスを数cm動か したり、キーボードに手を伸ばすだけとはいえ、1日に何百回も行なう動作なので、意外と負担になる。そんなときは、マウスを動かすことでこれらの操作を実 行できる、マウスジェスチャー機能を追加すると楽だ。

 「FireGestures」を導入すると、マウスを右クリックして、左に動かせば「戻る」、右に動かせば「進む」、上→下なら更新といった具合に、ジェスチャーで操作できる。筆者は「戻る」や「タブを閉じる」を頻繁に使うほか、「他のタブをすべて閉じる」を追加して活用している。

FireGestures「FireGestures」。右クリックしながらポインターをブラウザー上で動かすと、緑色の線が表示され、ジェスチャーが認識される

XUL/Migemo

 Firefoxでページ内キーワード検索をする場合は、Ctrl+Fキーを押して入力するが、日本語入力モードになっていないことがある。IMEを切り替えたり、再入力するのが面倒なら、「XUL/Migemo」を入れておけば、ローマ字入力の文字を認識して、日本語でページ内検索してくれる。ちなみに、認識のためには、初回起動時に辞書ファイルをダウンロードする必要がある。

XUL/Migemo「XUL/Migemo」を使うと、ローマ字で入力しても、ページ内の日本語がヒットする

Firefoxで動画をダウンロードしまくり

Video DownloadHelper

 YouTubeやニコニコ動画を筆頭に、動画投稿サイトを閲覧していて面白い動画を見つけたら、ダウンロードしておきたくなるもの。そんなときに活躍するのが「Video DownloadHelper」だ。

Video DownloadHelper「Video DownloadHelper」で、見るだけだったストリーミング動画を簡単にダウンロード

 このアドオンさえインストールしておけば、動画の再生画面で、ツールバーのアイコンからダウンロードできるのだ。YouTubeなどで複数の解像 度の動画が用意されているときは、選択肢まで表示されるなど至れり尽くせり。Video DownloadHelper自身に登録されているサイトのリストも表示でき、アダルトサイトを含めれば数百の動画投稿サイトにアクセスできる。

 ちなみに、ニコニコ動画はリストには入っていないが、ダウンロードは可能。ただし、ファイル名が「smile.flv」のようになってしまうので、きちんと管理するなら手作業でのリネームが必要になる。


Adblock Plus

 YouTubeなら問題はないが、怪しい動画投稿サイトだと、広告がばんばんポップアップすることもある。アダルトチャットなどの広告だと、いきなり音声が流れ出して心臓に悪い。そこで、広告カットのアドオン「Adblock Plus」を導入しよう。

Adblock Plusフィルタを追加して幅広いサイトの広告を停止できる「Adblock Plus」

 このアドオンは登録済みのデータを参照して、広告をブロックする仕組みだ。そのため、初回起動時に、同期フィルターの選択画面が開く。まずは 「EasyList」を選べばいいだろう。これで、対応する広告がシャットアウトされる。それでも広告が表示されるようなら、アドオン名と「フィルタリス ト」といったキーワードで検索すると、ユーザーが作成したリストが多数見つかるので試してみよう。


テキストリンク

 「ttp://~」のように「h」抜きのURLで記載されていると、コピペしてhを入力するといった手間がかかる。また、一部のニュースサイトな どでURLを全角で表示していたり、URLは表示されていてもハイパーリンク化されていない時も、直接サイトを開けないので面倒くさい。そんなときに便利 なのが、「テキストリンク」だ。h抜きや全角、文字列のURLをダブルクリックすると、自動的に認識してウェブページを開く。

テキストリンク「テキストリンク」を入れると、ハイパーリンクとして機能しない不完全なURLを、ダブルクリックするだけで開ける

 今のところコピー&ペーストや別のソフトなどで対処し、ウェブ閲覧に不満を感じていない人でも、試しにアドオンをインストールしてみてほしい。今 までやっていた手順が減るのは、想像以上に快適なのだ。よく使うアドオンをインストールしたFirefoxを使っていると、もうほかのウェブブラウザーは 使えなくなること請け合い。

 後編では、Firefoxで情報収集したり、特定サービスを活用するためのアドオンや、便利なブックマークレットなどを紹介する。

ソース http://ascii.jp/elem/000/000/555/555935/




[ 2010/09/28 23:06 ] ブラウザ | TB(0) | CM(0)

Firefoxをマウスだけで快適操作! マウスジェスチャー拡張機能FireGesturesで遊ぼう!!

ブラウザのバックボタンを押し続けるのにうんざりしているあなた。食べながら、飲みながら、“ながら”でブラウジングを楽しみたいあなた。とにかく すばやくブラウザを操作したい!という速度重視のあなた。そんな皆さんにおススメな拡張機能が『FireGestures』だ。

  FireGesturesは、キーボードを使わずにマウス操作だけで様々なブラウザ機能を利用できるFirefox拡張。マウスの右ボタンを押しながらマ ウスを左に動かせば“戻る”、右に動かせば“進む”、上下に動かして“更新”というように、ボタンや右クリックメニューを開かずに単純な動作だけで素早く 操作できるのだ。“マウストレイル”と呼ばれるマウスの動きをトレースした線が表示される機能も直感的でわかりやすい。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:表示されている線がマウストレイル
表示されている線がマウストレイルだ。マウスを動かすだけでブラウザが操作できる。

 
 FireGesturesはデフォルトで80種類近くの操作をジェスチャーに登録できる。さらにスクリプト機能を使ってオリジナルの動きを登録することも可能だ。一度使い始めたらクセになること間違いなし!

 
■インストール

 mozillaのAdd-ons for Firefoxサイト内にある『FireGestures』のページにアクセス。Firefoxのバージョンが適合しているか確認して【Firefoxへインストール】ボタンをクリック。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:Add-ons for Firefoxのサイトからダウンロード。
Add-ons for Firefoxのサイトからダウンロード。

 クリックするとソフトウェアのインストールダイアログが起動。真ん中の【FireGestures】部分をクリックして数秒待つと、ダイアログ下部の【インストール】ボタンがクリックできるようになる。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:ボタンが【今すぐインストール】に変わったらクリック
ボタンが【今すぐインストール】に変わったらクリック。インストール完了後にFirefoxを再起動すれば、拡張機能を使用できるようになる。

 
■起動方法

 Firefoxの再起動が完了したら、次はFireGesturesを起動して設定をしよう。ファイルメニューの【ツール】から【アドオン】を選択する。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:ダイアログを起動
【ツール】から【アドオン】を選択するとダイアログが起動する。

 アドオンダイアログが起動するのでアイコンの【拡張機能】を選択。表示されている拡張機能の中からFireGesturesを探して【設定】ボタンをクリックすればオーケーだ。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:【設定】ボタンをクリックしてFireGesturesを起動
アイコン右下にある【設定】ボタンをクリックすると、FireGesturesの設定画面が立ち上がる。

 
■“一般”の設定

 まずは、“一般”から見ていこう。ここでFireGesturesの基本的な設定をする。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:一般設定ダイアログ

 最初のチェックボックスは“マウスジェスチャ”を開始するためのボタンの設定だ。デフォルトの“マウスの右ボタン”で特に問題はないだろう。
 次のチェックボックスの“マウストレイル”はマウスジェスチャを使用した際に、マウス操作の軌道を線で表示させるもの。操作に慣れるまではチェックを入れておきたい。線が見やすいように【+】ボタンで太くするのもありだ。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:マウストレイル
円を描くようにマウスを動かすと、マウストレイルでこのように表示される。

 
■“マッピング”の設定

 次は、FireGesturesの中で最も重要な“マッピング”の設定だ。ここでマウスの動きと操作を設定する。操作できる項目は以下の10カテゴリーだ。

ナビゲーション
ウィンドウ
タブ
ページ
フレーム
リンク
画像
ツール
ポップアップ型
ハイブリット型

 これらの操作で80種類近い動作の設定を行うことができる。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures

 すべてを紹介したいところだが、数が多いのでここでは最も基本的なマウスジェスチャーだけを紹介する。

●【前のページに戻る】

 マウスの右ボタンをクリックしたままマウスを左へ動かす。ブラウザーの戻るボタンと同じ。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures

 
●【次のページへ進む】

 マウスの右ボタンをクリックしたままマウスを右へ動かす。ブラウザーの進むボタンと同じ。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures

 
●【ページの更新】

 マウスの右ボタンをクリックしたままマウスを上から下へ動かす。ブラウザーのリロードボタンと同じ。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures

 
●【タブを開く】

 マウスの右ボタンをクリックしたままマウスを左から右へ動かす。新規タブ展開機能。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures

 
●【タブを閉じる】

 マウスの右ボタンをクリックしたままマウスを下から右へ動かす。タブを閉じるボタンと同じ。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures

 
■新たなジェスチャーを追加するには

 FireGesturesでは80種類近い操作にジェスチャーを登録できるが、デフォルトでは設定されていないジェスチャーもある。その中でも多様するであろう“ブックマークサイドバーを表示”を実例にして、マウスジェスチャーを登録してみよう。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:マウスジェスチャーが登録されていない状態
“ブックマークサイドバーを表示”にマウスジェスチャーが登録されていない状態。

 まず、一覧の中の【ブックマークサイドバーを表示】をクリックして、【編集】ボタンをクリック。すると編集用ダイアログが表示される。センターのスペースに他のマウスジェスチャーとかぶらないジェスチャーを入力する。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:イナズマ型にマウスジェスチャーを登録
イナズマ型にマウスジェスチャーを登録。具体的には下(D)→左(L)→下(D)→右(R)→下(D)となる。

 ちなみにここでの設定は既存のジェスチャーに上書きされるので要注意だ。“一般”の“ツール”でマウスジェスチャのデータを保存できるので、新規登録の前にバックアップしておこう。【OK】ボタンをクリックして内容が登録されているか確認しよう。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:マウスジェスチャーが登録された状態
“ブックマークサイドバーを表示”にマウスジェスチャーを登録した状態。先ほど設定したジェスチャー“DLDRD(下→左→下→右→下)” が反映されている。

 登録が終了したら実験だ。右ボタンを押したままマウスをイナズマ型に動かしてみよう。ジェスチャーの結果はブラウザ下部のステータスバーにも表示される。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:イナズマ型にマウストレイルが表示
設定したジェスチャーで操作。イナズマ型にマウストレイルが表示される。
マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:左サイドバーにブックマークが表示
設定どおり、マウスジェスチャーで左サイドバーにブックマークが表示された。

 
■“詳細”な設定

 “詳細”ではホイールジェスチャー、ロッカージェスチャー、キープレスジェスチャー、タブホイールジェスチャーの設定ができる。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures

 
【ホイールジェスチャー】

 右クリックした状態でマウスのホイールを動かすときのジェスチャー。チェックボックスで機能のオンオフができる。自由に設定できるが、変更する必要がなければそのままでも良いだろう。

 

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:【[ポップアップ]戻る/進むの履歴】
ホイールジェスチャーの“[ポップアップ]戻る/進むの履歴”。

 
【ロッカージェスチャー】

 マウスのボタンをクリックしてから、さらにマウスのボタンを押す処理だ。“右ボタンを押しながら左クリック”と“左ボタンを押しながら右クリック”の二通りの設定ができる。
 デフォルトではそれぞれ“前のタブへ”と“次のタブへ”になっている。かなり使えるジェスチャーなので頻度の多いものに割り当てたいところだ。

【キープレスジェスチャー】

 CtrlキーやShiftキーなど押しながらのマウス操作。なかでも、この中の“マウスが通過したリンクをタブで開く”が便利。同様に“マウスが通過したリンクのURLをコピー”もなかなか使える。いずれも登録しておきたい。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:キープレスジェスチャー
キープレスジェスチャーはキーボードと組み合わせて使う。Ctrlキーを押しながら右ボタンをクリックしてURLをなぞるとURLが新しいタブで開く。

 
■スクリプト機能でさらにジェスチャーを追加!

 FireGesturesには、スクリプトを使うことでさらにジェスチャー機能を追加できる。制作者のウェブサイトにはすでにスクリプトファイルがいくつかアップロードされている。FireGesturesのサイトにアクセスして左メニューの【GET SCRIPTS】をクリックし、どんなスクリプトファイルがあるか確認してみよう。
 同サイトには、FireGesturesダイアログ下部の“スクリプトを入手”というリンクでもアクセスできる。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:firegestures Get Scripts
firegestures Get Scripts。便利なスクリプトが手に入る。

 この中の“Close All Tabs”という機能を追加してみよう。まずは、ダイアログの“マッピング”を開く。次にウェブページの中から追加する機能をクリックして、そのままマッピングのボックスにドラック&ドロップするだけでよい。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:ドラック&ドロップで追加
スクリプトの追加はドラック・アンド・ドロップするだけと非常に簡単だ。

 もちろん、追加しただけでは使えない。先ほど試したとおり、【編集】ボタンでジェスチャーの設定をしよう。

マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:独自のジェスチャーを追加
今回は、上図のようなジェスチャーを追加してみた。
マウスジェスチャー拡張機能FireGestures:タブを閉じる確認画面が表示される
早速登録したジェスチャーを試してみよう。タブを閉じる確認ダイアログが表示されるはずだ。

FireGestures
バージョン:1.5.7
フリーソフト
作者: Gomita
ソース http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/018/18656/




[ 2010/09/28 00:21 ] ブラウザ | TB(0) | CM(0)
記事検索
カテゴリ
最近記事
売れ筋ランキング 一眼レフカメラ

1位: Panasonic DMC-GF1C-Wパンケーキレンズキット

2位: Sony α55 SLT-A55VY ダブルズームレンズキット

3位: Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4 18-55レンズキット

4位: Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ

5位: Sony ダブルレンズキット ブラック NEX-5D/B
売れ筋ランキング コンパクトレフカメラ
1位: キヤノン IXY 10S ピンク IXY10S(PK)

2位: ニコン COOLPIX S6000 フラッシュレッド

3位: キヤノン IXY 10S シルバー

4位: ニコン COOLPIX S6000 シャンパンシルバー

5位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z550 シルバー

6位: パナソニック LUMIX TZ10 ゴールド DMC-TZ10-N

7位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z330 ゴールド

8位: キヤノン IXY 200F シルバー IXY200F(SL)

9位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z550 ピンク

10位: ソニー Cyber-shot HX5V ブラック DSC-HX5V(N)

カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
売れ筋ランキング プラズマカメラ
1位: パナソニック VIERA TH-P42S2

2位: 日立 Wooo P42-HP05

3位: パナソニック VIERA ブルーブラック TH-P42G2-K

4位: 日立 Wooo P42-XP05

5位: パナソニック VIERA TH-P46G2

6位: パナソニック VIERA TH-P42V2

7位: パナソニック VIERA TH-P50V2

8位: パナソニック VIERA TH-P50G2

9位: 日立 Wooo P50-XP05

10位: パナソニック VIERA TH-P42R2