FC2ブログ

~デジInfo~

家電・デジタル関連ニュースを中心にまとめるブログです。記事末の【2ちゃんねるでの反応】をクリックすると2ちゃんねるのスレッドを見れます。
    

【モビゲー】携帯端末に登場する完全新作「ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士」,iモード/EZwebにて配信。ティザーサイトを本日オープン

 スクウェア・エニックスは本日(7月21日),携帯端末用の新作RPG「ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士」を配信すると発表した。配信時期はiモード版が2010年9月,EZWeb版が今冬となる予定。合わせてティザーサイトがオープンしている。


「ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士」ティザーサイト


 本作は携帯端末に向け,新たに制作された「ファイナルファンタジー」シリーズの完全新作タイトルだ。
 特徴としては,シリーズの原点ともいえる2Dドットの美しいグラフィックス,ジョブチェンジによるキャラクター育成,クリスタルをめぐる光と闇の戦いを 描くファンタジーの王道ストーリー,そして各ジョブにスポットをあてたケータイならではのシナリオ配信などが挙げられており,過去作のリメイクや続編では ない,携帯端末に特化した新しい「ファイナルファンタジー」として登場することになるという。


 2008年にケータイアプリとして配信され,累計400万以上のダウンロード(※有料のみ)を記録した「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」の制作チームが,本作の開発を手がけることになるそうだ。
 価格は毎月配信されるシナリオが300~500ポイント(税込315円~525円相当)となるほか,最初のストーリーとなる「序章」は無料での配信となる。


 現時点では数点のスクリーンショットが公開されているほか,携帯公式サイトで本作のストーリーやキャラクター,またシステムの一部などが明らかにされているのみ。
 まだまだ不明なことの多い本作だが,掲載しているスクリーンショットからだけでも,懐かしくも新しい,本作の手触りは伝わってくるのではないだろうか。シリーズファンの読者は,続報を楽しみにしておこう。

そして、世界は光と闇へ―。

← 本作のプロローグや登場キャラクターなど、さらに詳しい情報はFFレジェンズケータイ公式サイトに掲載中です。
さらに、メルマガ登録をすれば、最新情報や配信開始日をお知らせします。現在メルマガ登録者に、限定デコメスタンプをプレゼント中です。


■ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士
・アクセス方法
iモード: iMenu→メニューリスト→ゲーム→ロールプレイング→ファイナルファンタジーモバイル
EZweb: au one→カテゴリ(メニューリスト)→ゲーム→総合→ファイナルファンタジーモバイル

・対応機種 : FOMA903iシリーズ以降、au WIN BREWシリーズ
・配信予定 : iモード 2010年9月、 EZweb 今冬
・ジャンル:ロールプレイング
・料金 :序章無料 配信シナリオ・300~500ポイント(税込315円~525円相当)
・著作権表記 : (C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION/(C) YOSHITAKA AMANO

・公式プロモーションサイト:
PC http://www.square-enix.co.jp/mobile/ff/ffl/
ケータイ http://ffmb.jp/ffl.cgi

※サイトご利用には、情報料とパケット通信料が必要です。
※「FOMA/フォーマ」「iモード」はNTTドコモの登録商標です。
※「EZweb」はKDDI株式会社の登録商標です。
※SQUARE ENIXおよびSQUARE ENIXロゴ、ファイナルファンタジー/FINAL FANTASYは、日本およびその他の国における株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスの商標または登録商標です。THE AFTERおよび月の帰還、光と闇の戦士、ファイナルファンタジーレジェンズは、日本およびその他の国における株式会社スクウェア・エニックスの商標また は登録商標です。
※ その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

ソース http://www.4gamer.net/games/116/G011617/20100721059/



スポンサーサイト



[ 2010/10/05 08:38 ] 携帯電話ゲーム | TB(0) | CM(0)

GREEに人気RPGのスピンオフ第2弾『エターナルゾーン-エバンの聖戦-』が登場

エイチームは、ソーシャルサイト「GREE」において、ソーシャルゲーム『エターナルゾーン-エバンの聖戦-』を配信開始しました。



『エターナルゾーン-エバンの聖戦-』は、同社の人気RPG「エターナルゾーン」本編に登場する場面が舞台のソーシャルゲームです。



「創造の女神テルミラ」側と「破壊の神ゾン」側のどちらの軍に所属するかを選び、エバノブールにある聖域の支配のために各戦場へ赴きます。



戦場は6地域で、ユーザーの動きが各地域の支配率を動かします。戦場で出合った仲間と共に戦うことができる「共闘システム」や友達同士で部隊を編成できるシステムなど、一人でプレイするのが苦手な人にうれしい機能が実装されています。

『エターナルゾーン-エバンの聖戦-』は、GREEの無料会員登録を行えば基本プレイ料金無料、アイテム課金制にて楽しめます。

ソース http://www.inside-games.jp/article/2010/09/29/44699.html



[ 2010/09/29 22:05 ] 携帯電話ゲーム | TB(0) | CM(0)
記事検索
カテゴリ
最近記事
売れ筋ランキング 一眼レフカメラ

1位: Panasonic DMC-GF1C-Wパンケーキレンズキット

2位: Sony α55 SLT-A55VY ダブルズームレンズキット

3位: Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4 18-55レンズキット

4位: Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ

5位: Sony ダブルレンズキット ブラック NEX-5D/B
売れ筋ランキング コンパクトレフカメラ
1位: キヤノン IXY 10S ピンク IXY10S(PK)

2位: ニコン COOLPIX S6000 フラッシュレッド

3位: キヤノン IXY 10S シルバー

4位: ニコン COOLPIX S6000 シャンパンシルバー

5位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z550 シルバー

6位: パナソニック LUMIX TZ10 ゴールド DMC-TZ10-N

7位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z330 ゴールド

8位: キヤノン IXY 200F シルバー IXY200F(SL)

9位: カシオ EXILIM ZOOM EX-Z550 ピンク

10位: ソニー Cyber-shot HX5V ブラック DSC-HX5V(N)

カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
売れ筋ランキング プラズマカメラ
1位: パナソニック VIERA TH-P42S2

2位: 日立 Wooo P42-HP05

3位: パナソニック VIERA ブルーブラック TH-P42G2-K

4位: 日立 Wooo P42-XP05

5位: パナソニック VIERA TH-P46G2

6位: パナソニック VIERA TH-P42V2

7位: パナソニック VIERA TH-P50V2

8位: パナソニック VIERA TH-P50G2

9位: 日立 Wooo P50-XP05

10位: パナソニック VIERA TH-P42R2